出産後の抜け毛に悩まされる女性が、最近、本当に増えています。この原因は、妊娠・出産で女性ホルモンのバランスが崩れてしまうことにあります。授乳の影響で抜け毛が増えたのだと勘違いされる人が多いのですが、授乳と抜け毛に因果関係はありません。

 

母乳への影響~授乳中に使える育毛剤、使ってはいけない育毛剤~

 

母乳で育てる人も人工乳で育てる人も、出産後の抜け毛には、同じように悩まされています。そこで、抜け毛対策として育毛剤を使ってみようということになりますが、使うことで母乳への影響はないのでしょうか。

 

時期が時期だけに、赤ちゃんに悪影響が出ないのかどうか、気になると思います。そこで、授乳中の育毛剤の影響について、このページではお伝えしていきます。

 

育毛剤の種類について

育毛剤にも色々な種類があります。そのなかには「授乳中に使ってはいけない育毛剤」と「授乳中であっても使える育毛剤」があります。では、「授乳中に使ってはいけない育毛剤」とは、どのようなものなのでしょうか?

 

まず基本的なお話として、育毛剤は「頭皮に塗るタイプ」「服用するタイプ」に分かれています。「服用するタイプ」に比べ、「頭皮に塗るタイプ」はそれほど成分を気にしなくても大丈夫だと誤解しがちです。

 

しかし、育毛剤の成分は血管を通して吸収されます。そのため、「頭皮に塗るタイプ」の育毛剤の成分であっても母体に吸収され、それが母乳を通して赤ちゃんに吸収されてしまうことも、あり得るのです。

 

特に、授乳中は配合されている成分に注意を向けることが重要です。このことを頭に入れたうえで、タイプ別にみていきましょう。

 

頭皮に塗るタイプ

市販されている育毛剤に多いのが、この「頭皮に塗るタイプ」です。このタイプは、有効成分の種類別、男女別、対応する抜け毛の症状別など、様々な種類に分かれています。薬事法の区分としては、「医薬品」ではなく、「医薬部外品」「化粧品」に分類されるものが多くなります。

 

※医薬品、医薬部外品についての詳細はこちら

 

服用するタイプ

服用するタイプに多いのは「医薬品」の育毛剤です。医薬品は、「厚生労働大臣によって効果があると認可されたもので、効果・効能を記載することができる」もの。

 

用法・用量を守って正しく服用すれば高い効果を発揮してくれる可能性が高いのですが、一方で、副作用の危険性も高くなります。(副作用というのは、効果と表裏一体なので、ある意味、避けられないものとも言えます。)

 

授乳中の使用については、特に配慮が必要なものが、この「医薬品タイプ」には多くあるので、十分に注意してください。

 

授乳中に使ってはいけない育毛剤

授乳中に使う育毛剤は、特に慎重に選びましょう。「ミノキシジル」や「フェナステリド(プロペシア)」といった成分が入っているものは、妊娠中や授乳中には、絶対に使ってはいけません。これらは、男の赤ちゃんの生殖器に異常が出る恐れのある物質なのです。

 

また、ミノキシジルの副作用として、心臓への負担や心拍数をあげてしまうというものが報告されています。母体に影響が出てしまう可能性がありますので、避けたほうがいいでしょう。

 

もともと「ミノキシジル」や「フェナステリド(プロペシア)」などは、男性ホルモンを抑える働きがあるものですから、女性には殆ど効果はありません。実際、女性用の育毛剤には、こういった成分は含まれていません。

 

そのため、女性用育毛剤を選ぶようにすれば、まず大丈夫です。ただし、念のため、「医薬品」に関しては、女性用の育毛剤でも自分自身でしっかりと成分をチェックすることをオススメします。よく分からなければ、薬剤師に確認するようにしてください。

 

まとめ

「医薬部外品」や「化粧品」に分類されている育毛剤であれば、基本的には授乳中でも安心して使うことができます。近くのドラッグストアやインターネットで手に入る育毛剤のほとんどが、医薬部外品や化粧品です。

 

特別な注意書きがある製品以外は、副作用や赤ちゃんへの影響はないと考えていいでしょう。使用説明に「妊娠中・授乳中の使用は医師にご相談ください」と記載のある育毛剤については、指示通り、医師や薬剤師などの専門家に相談してから使用するようにしましょう。

 

何よりも、パッケージのデザインやCMなどだけで選ばず、購入前にしっかり使用説明や注意書きなどを確認したうえで選ぶことが重要です。