以前は薄毛というと、男性の悩み、女性には関係ない…というイメージでしたが、近年は10代、20代の女性でも悩む人が増えているなど、幅広い年代の女性が共有する悩みとなっています。もはや、髪の悩みは、女性にとっても、ごく一般的なものと言えます。

 

女性専門の薄毛外来

 

だからこそ、今、女性専門の薄毛外来が注目を集めていますが、聞いたことはあるけど、具体的に、どんなところなのか、イマイチよく分からない。自分が通ってもいいのかと不安に感じるという人もいると思います。

 

そこで、このページでは、女性専門薄毛外来の特徴について、まとめてみます。是非、参考にしてください。

 

薄毛外来か他の診療科か

薄毛や抜け毛に悩んでいるのなら、薄毛外来が一番いいはずと思っても、実際に一歩を踏み出すのには、勇気がいるものです。家の近くに薄毛外来がない場合もあるでしょうし、保険が適用されるのかどうか、他の診療科ではダメなのか…など、いろいろな疑問があると思います。

 

まず、その疑問から解決していきましょう。まずは最も気になるであろう、保険適用から見ていきます。

 

保険は適用されるのか

頭髪トラブルの治療は、厚生労働省による医療保険の適応外にあたるため、健康保険は適用されず、自費診療(自由診療)になります。保険が適用されるのは、他の病気が原因で薄毛になったもの。病気を治療することで、結果として薄毛が改善される症状のみに限られます。

 

具体的には、次のようなものがあります。

  • ホルモンバランスの乱れの可能性がある…婦人科
  • 頭皮のかゆみ、フケ、湿疹、炎症、かぶれ、吹き出物などの異常もある…皮膚科
  • 身体にも不調を感じている場合(内臓の疾患や甲状腺機能障害の可能性あり)…内科
  • ストレスなど、心理的要因が原因と推測されるもの、円形脱毛症など…精神科

 

こういった要因があるなら、まずは、それぞれ、該当する診療科へ行ってみることをオススメします。しかし、上記のケース、どれにも当たらない場合には、「病気ではない」ということになるので、一般診療科ではなく、薄毛外来に行くことをオススメします。

 

特に、女性に多い「なんとなく薄くなってきた」、「髪にコシがなくなってきた」という症状は、加齢や遺伝などの自然な生理現象、乱れた生活習慣、頭皮に負担をかけるヘアケアや髪のおしゃれなどの影響が大きく、病気が原因ではない可能性が高いといえます。

 

薄毛に悩みすぎると、それがストレスになって、ますます症状を悪化させてしまう場合が多いものです。保険が適用されないのは残念ですが、的確な治療をすることで、劇的に改善することが多いので、早めにお医者さんに相談するようにしてください。

 

気になる女性専門の薄毛外来

そうはいっても、病院に行くというのは、なかなか勇気がいるものです。だからこそ、市販薬や医薬部外品が売れているのですが、女性専門の薄毛外来なら、男性の目は気にならないですし、ほとんどのクリニックが予約制となっているため、ほかの人と顔を合わせないで済みます。

 

安心して、診察を受けてください。薄毛外来における診察の流れですが、クリニックによって多少異なりますが、一般的には次のようになります。

 

1:カウンセリング

  • 無料で実施するところも多い
  • 相談とそれに対するアドバイス
  • 必要な費用についての案内
  • 治療方法について、診療内容についての説明

 

2:初回診療

  • 専門医による診察(問診、視診、触診)
  • 血圧測定、血液検査など

 

3:診療・処方

  • 検査結果の報告
  • 内服薬と外用薬を処方

 

4:定期的な診療

  • 定期治療
  • 薬の処方、調整

 

まとめ

女性だと、髪の悩みについて、誰にも相談出来ず、一人で抱え込んでしまうというケースが少なくありません。他の人にはわからない程度の「なんなく髪が細くなってきた」、「分け目が目立つ」、「髪のセットがきまらない」でも、本人にとっては大きな悩み。

 

自分に合わない市販薬に頼って時間とお金を無駄にしてしまうのは、もったいない話です。少しでも髪に不安や「?」を感じたら、まずは専門の薄毛外来に相談してみましょう。