抜け毛予防のために自分に出来るヘアケアがあります。そのなかでも、大きく差が出るのがシャンプー。毎日のことですから、ちょっとしたことでも続けることで効果が期待出来ます。このページでは、薄毛に悩む女性にオススメのシャンプー術についてお伝えします。

 

薄毛に悩む女性が知っておくべきシャンプーテクニック

 

抜けにくく、薄毛予防に効果的なシャンプー法とは?

抜けるのが怖くて、シャンプーを控えたり、おそるおそる洗ったり…というのは逆効果です。毎日しっかりシャンプーして、清潔に保ちましょう。

 

まず、シャンプーをいきなりつけるのではなく、お湯で予備洗い(プレシャンプー)をします。これだけでかなりのホコリや汚れがとれますので、次に使うシャンプーの量が少なくても、十分泡立つようになります。

 

シャンプーを直接髪や頭皮につけるのは厳禁です。必ず手に適量をだして、お湯を加えてしっかり泡立てましょう。汚れは泡で落とすもの、これは顔も頭皮も同じです。髪を洗うのではなく、『頭皮を洗う』つもりで洗います。この時、指先や爪を立てたりしないで、指の腹を使ってヘッドマッサージをするよう洗うことを心がけましょう。

 

生え際、耳の後ろ、襟足は洗い残し、すすぎ残ししやすい箇所です。洗い残しは毛穴詰まりの原因になりますし、湿疹などの炎症もおこりやすくなります。これが抜け毛の原因になってしまうこともあります。毛髪の流れに逆らうように下から上に洗うことで、頭皮も毛穴もすっきりさせることができます。

 

また、シャンプーの時に排水口に見つける大量の抜け毛を気にして、シャンプーを1日おきにしたり、逆に頭皮を清潔に保とうと、1日に何度もシャンプーしたり…というのは、どちらもよくありません。正しいやりかたで、毎日1回というのがベストです。

 

実はシャンプーのあとも大事

シャンプーのあと、そのまま自然乾燥をするのはやめましょう。濡れたままだと細菌が繁殖してしまいます。タオルドライのあと、ドライヤーで乾かすことが大切です。ただし、ドライヤーの熱は思いがけず高熱になるため、頭皮の乾燥につながります。

 

それを防ぐためには、しっかりタオルドライすることです。タオルで水分を拭き取っておくことで、ドライヤーにかける時間を短くすることができます。また、夜シャンプーしてすぐ眠ると、髪に熱がこもってしまい、よくありません。冷風をドライヤーの最後にあてることで、頭皮も蒸れないうえに髪にもツヤがでます。毎日の習慣にしましょう。

 

おしゃれに欠かせないパーマ、カラーリングにも注意

髪にボリュームを出すためにも欠かせないパーマ。そして、特に白髪が気になりはじめると頻繁にしてしまうカラーリング。これが原因で、ますます薄毛になってしまうことも残念ながらあるのです。

 

パーマやカラーリングは強い薬剤を使うことで、変化をつけるものなので、当然、頭皮にはかなりのダメージとなります。

 

美容師と相談しながら、髪にダメージを与えないものを選ぶよう心掛けてください。セルフカラーをする場合には、頭皮(地肌)につけないように注意しましょう。

 

頭皮にダメージを受けると、ターンオーバーが低下したり、毛根組織の働きに悪影響を与えたりします。ターンオーバーが低下すると、地肌の古い角質が正常にはがれなくなるため、毛穴をふさいでしまいます。

 

その結果、髪の成長や生え変わりを阻害することになり、抜け毛や切れ毛の原因になってしまいます。また、毛根組織の働きが悪くなると、細毛になってしまうなど、健康な髪が生えてこなくなってしまうことがあります。

 

『髪は女の命』と昔から言われるとおり、美しく豊かな髪はとても魅力的です。毎日のケアは頭皮を清潔に保つことを意識し、パーマやカラーで負担をかけすぎないよう心がけましょう。