抜け毛・薄毛は今や、性別、年齢に関係のない悩みです。女性に向けた薄毛対策のヘア用品やウィッグのコマーシャルも増えてくるなど、近年は専用商品も増えてきました。薄毛といえば、一昔前は男性特有の悩みだったので、だいぶ事情が変わってきています。

 

男性用の育毛剤を女性が使ってもいいの?

 

女性専用育毛剤の種類も増えてきているのですが、男性用育毛剤のコマーシャルやパッケージのインパクトの強さから、「男性用のものを女性も使えないの?」「あの製品を使ってみたい」という感じる人が少なくないようです。

 

男女兼用で使えれば、夫婦で一緒に使えるのに…という人もいますが、男性用の育毛剤を女性が使うと、体毛が全体的に濃くなるなど、副作用が大きいという声もあります。実際のところはどうなのでしょうか?

 

男女兼用の育毛剤

パッケージに「男女兼用」という記載がある育毛剤があります。髪を作り出す毛母細胞が酸素不足、栄養不足にならないように頭皮を清潔に保って、血流をよくすることで育毛を促すタイプです。

 

これは、頭皮を健康に、そして清潔に保つことを目的にしているため、男女共通で使用することが可能となります。シャンプーやリンスと同じようなものと考えてください。ただし、ホルモンの影響を受けた薄毛のような場合には、こういったタイプの育毛剤では効果が期待できません。

 

女性用と男性用の育毛剤の違いは?

では、女性用と男性用の育毛剤にどういった違いがあるのでしょうか。男性と女性では脱毛や薄毛の原因、仕組みが違うため、改善のために必要となる成分に違いがあります。

 

女性の場合は、頭皮の栄養状態の低下、そして女性ホルモンの減少が主な原因とされています。このため、頭皮へ栄養を与え、女性ホルモンの働きを補う成分を与えることが、最も効果的な育毛法ということになります。

 

それに対し、男性は男性ホルモンの影響と頭皮の血行不良が主な原因です。このため、男性ホルモンを抑制すること、血行を改善することが、育毛の基本となり、男性用育毛剤には、この2つの効果を促進する成分が主に含まれています。

 

男性用の育毛剤を女性が使うことの弊害

このように、男性と女性では、薄毛の原因が違うので、女性が男性用の育毛剤を使っても、それほど大きな効果は期待出来ません。それどころか、男性用の育毛剤を女性が使うことで、問題が生じる可能性があります。

 

その要因は、2つに分かれます。ひとつは、男性ホルモンを抑制するタイプの育毛剤が多いという点。これだと、女性にとっては効果が感じられない育毛剤となってしまいます。

 

もうひとつは、男性用の育毛剤はすっきりした使用感や血行促進を実感させるために、刺激が強い成分が配合されていることが多いという点。男性は一般的に皮脂の分泌量が多いので、皮脂を排除する成分が多く配合されていることが多いのです。

 

メントールやカプサイシン、エタノールなどの成分が多いと、炎症やかぶれをひきおこしてしまう場合があります。女性は男性に比べて皮脂が少なく、敏感肌の人の比率も多いため、トラブルの原因になってしまう可能性があるのです。

 

やはり、女性は男性用の育毛剤ではなく、女性用の育毛剤を使うことをオススメします。また、男女兼用の育毛剤というのは便利ですが、誰にでも使えるように保有成分量を低く抑えているので、それほど大きな効果は期待出来ないということを頭にいれておいてください。