育毛剤を使用すると、体毛が全体的に濃くなるというのは、よく言われることです。男性ならともかく、女性にとっては、これは死活問題とも言えることですが、実際には、どうなのでしょうか。育毛剤は、塗布するタイプと、飲むタイプに大きく分けられます。

 

育毛剤を使用すると、体毛が濃くなるって本当?

 

当然のことながら、塗布するタイプは生えてほしい部分…頭皮に直接つけるので、他の部分が濃くなることはありません。でも、飲みタイプは身体全体に成分が行き渡るわけですから、「髪以外の腕や脚とかまで濃くなるのはイヤ!!どうなの??」と気になる女性は多いと思います。

 

メーカーのサイトなどを調べてみると、「髪にだけ効果が発揮されるよう調合されているので、育毛剤が原因で体毛が濃くなることはない」という解説が為されているものが大半です。

 

長く飲み続けていたら濃くなった、という体験談の大半は、妊娠・出産、更年期などに伴うホルモンのアンバランスなどが原因と考えられています。ただ、全く可能性がないかというと、そうでもありません。

 

体毛が濃くなる育毛剤?

育毛効果・発毛効果が高いと定評がある代わりに、「体毛が濃くなる」という報告が多いのが「ミノキシジル」です。もともとは高血圧の薬=血管拡張剤として開発された経口薬ですが、後に髪を育て、脱毛症を改善する効果が発見されたという経緯があります。

 

ミノキシジルには、塗布するタイプもありますが、ここで問題になるのはもちろん飲むタイプの副作用です。血流を良くすることで発毛を促進する薬ですから、体全体に、その効果が行き渡れば、髪以外の体毛にも影響が出るということは十分に考えられます。

 

ミノキシジルを服用することと、体毛が濃くなることとの因果関係については、断言出来るほど明確に実証されているわけではありませんが、可能性はあるということを頭に入れておいたほうがいいです。

 

当然、個人差もあるので、服用するなかで、体毛が濃くなることが実感された時には、すぐに使用を中止するようにしたほうがいいです。

 

女性用の育毛剤を選ぶのが重要

飲むタイプの育毛剤は、多種多様です。色々な育毛剤が販売されています。同じ会社からの製品でも、男性用、女性用と分かれているものもありますので、体毛が濃くなるのが心配…という方は、女性用のものを選ぶようにしてください。

 

女性の体質に合わせて開発されているので、副作用のリスクが低くなります。薄毛というのは、男性ホルモンが影響していますが、当然、男性のほうが多いので、摂取すべき発毛成分というのは、女性よりも男性のほうが多いわけです。

 

そのため、男性用の育毛剤を女性が使用すると、不必要に大量の発毛成分を摂取してしまうことになり、悪影響を及ぼすことにつながります。女性は女性用の育毛剤を使用する。これが、現時点において利用者が実践出来る最も適切な対処策と言えます。

 

また、飲むタイプの育毛剤を利用する場合は、塗るタイプ以上に、製品に添付されている説明書をよく読んだうえで、服用回数、量をしっかり守るようにしましょう。1日でも早く髪を取り戻したからと、指定量以上に飲むと、悪影響が出る可能性があるので、要注意です。

 

補足)体調悪化に要注意!

ミノキシジルは高血圧の薬なので、低血圧の人が服用すると、症状を悪化させてしまう恐れがあるので、日頃から低血圧という人は注意してください。また、経口薬の場合、母胎や母乳に影響があります。妊娠期間中や授乳期間中の使用は避けるべきです。

どちらのケースにおいても、ミノキシジルを服用するのであれば、医師や薬剤師に事前に相談したうえで使うようにしてください。