女性の多くが気にしているダイエット。雑誌で特集すると売上が伸びる、テレビも視聴率が伸びる…といわれます。モデルや女優は本当にスリムで、一般女性もそれに少しでも近づきたいと目標にするため、「ダイエット中なの」が、口癖だという人も多いようです。

 

ダイエットをすると、抜け毛に影響する?

 

近年発表されたデータでは、「20代女性の摂取カロリーは戦後直後より低い」という衝撃的なものでした。ダイエットというと、まず「食べない」「何か一つのものを食べ続ける(単品ダイエット)」という極端な食事制限に走る人が多いので、その結果、身体に大きな負担をかけてしまいます。

 

そして、そのことが抜け毛、薄毛の深刻な原因となってしまっているのです。

 

ダイエットが抜け毛、薄毛に直結する3つの原因とは?

魅力的になるためにダイエットしているのに、髪がさびしくなってしまっては悲しいです。髪が薄いと、実際の年齢より上に見られてしまったり、せっかくおしゃれな髪形にしたくても、出来なかったり…ということになります。

 

それを防ぐためにも、どうしてダイエットが抜け毛、薄毛の原因になるのか、みていきましょう。
ダイエットに伴う、次の3つが大きな原因だといわれています。

  1. 栄養不足
  2. 血行不良
  3. ストレス

 

栄養不足

ダイエットを目的とした食事制限は、医師やプロに相談せず、自己流という人がほとんどです。そうすると、栄養のバランスを無視したものになりがちです。身体を維持するために必要な栄養素、カロリーまで制限してしまうと、人間の身体は脳に飢餓状態だという信号を送ります。

 

そうすると、まず生命を保つために必要な場所に優先的に栄養が回されるようになります。脳、臓器などの優先順位が高いのは当然です。そして、生命維持に直結しない髪や爪、皮膚などに栄養が回るのは、最後になると考えられます。

 

頭皮に栄養素が届かない状態が続くと、毛髪を作る毛母細胞も栄養失調になります。そうすると、だんだん細い髪、不健康な髪しか作れなくなり、それが長く続くと、毛母細胞は毛髪を生み出すことが出来なくなってしまうため、抜け毛、薄毛に直結してしまうのです。

 

血行不良

ダイエットで極端な食事制限をしてしまうと、基礎代謝が下がります。基礎代謝が下がると、血液の流れが悪くなり、身体の隅々に栄養素が運ばれにくくなってしまいます。(元々、栄養不足になっているのに、その栄養すら回らないという最悪の状況に陥ってしまいます。)

 

髪の毛の成長・発毛・脱毛などの指令を出す毛乳頭に栄養が届かないと、実際に毛髪を生み出す毛母細胞も働かず、その結果、抜け毛や薄毛になってしまうのです。

 

ストレス

ダイエットは好きなものが食べられない、満腹感を得られない…など、さまざまなストレスを生みます。

 

また、努力をしているのに思うように体重が落ちない、たくさん食べているのに自分より痩せている友人がいる、みんなと飲み会や食事会行けない…といった、普段は気にしないこともストレスになります。

 

人間の身体は思っているよりデリケート。こういったストレスが原因となって、抜け毛や薄毛につながってしまうこともあるのです。精神的な影響というのは非常に大きいので、ダイエットを抜きにしても、日頃から、ストレスをため込まない生活を心がけることは、髪のためにも重要です。

 

まとめ

美しくなるためのダイエットが、健康を害しては本末転倒です。身体を壊さないまでも、女性の魅力をひきだしてくれる大事な髪がそこなわれてしまうと、取り返しがつきません。

 

特に、ダイエットによって毛乳頭が破壊されてしまうと、再生させることは医学的にも難しいと言われているのです。極端なダイエットは控え、健康で魅力的な身体、そして美しく豊かな髪を手に入れましょう。