健康ブームと言われる昨今、健康に良いとされる様々な食品や栄養成分が、テレビや雑誌などのメディアで次々に紹介されています。そのなかでも大きく、そして長期間に渡ってブームを巻き起こしているのが、ポリフェノールです。

 

ポリフェノールの育毛・発毛効果

 

老化防止や殺菌作用があるといわれ、赤ワインやコーヒー、お茶、果物、大豆などに多く含まれています。

 

ポリフェノールの効果といえば「抗酸化力」。紫外線を必要以上に浴びたり、強いストレスを与え続けられたりすると、体内に活性酸素が作られます。この活性酸素が体にたまってしまうと、健康な細胞を傷つけて、病気や老化の原因になるといわれています。

 

ポリフェノールはその活性酸素を体から取り除き、新しい細胞を作り出す働きを助けてくれるということで、注目されています。

 

では、ポリフェノールは、目に見える老化の症状のひとつである「薄毛」を抑えたり、「育毛」を促したりする効果もあるのでしょうか。その疑問を解決していくとともに、ポリフェノールについて詳しくみていきましょう。

 

ポリフェノールを含む食品とは?

ポリフェノールは、植物に含まれる苦み成分の総称で、多くの食品に含まれています。その代表的なものをご紹介します。

 

  • 飲みもの
    • 赤ワイン
    • コーヒー
    • ココア
    • 紅茶
    • リンゴジュース 他
  • 食べもの
    • ぶどう
    • ブルーベリーやラズベリーなどのベリー類
    • くるみ、アーモンドなどのナッツ類
    • りんご
    • バナナ
    • マンゴー
    • 小豆
    • 大豆
    • 玉ねぎ
    • 春菊
    • ほうれん草
    • レンコン
    • チョコレート 他

 

このように、ポリフェノールは色々な種類の野菜や果物に含まれているので、特に意識しなくても、一般的な食事をしていれば、ある程度の量は必ず摂取出来ます。

 

外食が多い人は、サラダを一品増やしたり、野菜ジュースやナッツ類を意識的に多く摂るようにするだけでも、ポリフェノールの摂取量は増えます。バランスが取れた食事をこころがけましょう。

 

ポリフェノールといえば赤ワイン?

ポリフェノールと赤ワインが「=(イコール)」になっている人がいるほど、赤ワインのポリフェノールは有名です。赤ワインにはアントシアニンだけでなく、カテキンやタンニンなど、何種類ものポリフェノールが含まれています。

 

なかでも注目すべきなのは、「レスベラトロール」というポリフェノールで、高い抗酸化作用による老化防止効果が期待出来る成分です。そうはいっても、赤ワインはアルコール(酒類)なので、飲みすぎには注意が必要です。

 

アルコールを分解するためには、ミネラルやビタミンを使いますが、これらは髪のために必要な成分なので、過度な飲酒は髪を栄養不足にしてしまう可能性があります。

 

また、適度な飲酒は血行をよくしたりという効果が望めますが、過度な飲酒は男性ホルモンを増加させたり、肝機能障害や肥満、不眠など、様々な健康被害の原因ともなります。

 

赤ワインは、毎日2杯程度で十分な効果があるといわれています。ポリフェノールが摂取出来るということを言い訳にせず、飲酒は適量をこころがけましょう。飲み過ぎは厳禁です。

 

ポリフェノールは育毛にも効果があるの?

育毛剤に配合されているポリフェノールの代表は、リンゴポリフェノールです。ポリフェノールのなかでも、抗酸化作用が高いとされている成分であり、頭皮の雑菌が繁殖するのを抑制する効果などもあります。

 

リンゴポリフェノールを定期的に摂取することで、頭皮の老化を防ぎ、毛穴の活動を活性化させることにつながりますが、リンゴ以外のポリフェノールにも、育毛にプラスとなる様々な特徴があります。

 

先に触れた「活性酸素」は本来、体内の細菌の処分などに使われる物質ですが、体内のバランスが崩れてしまうと、大切な細胞まで破壊してしまうことがあります。これによって老化が加速することになります。

 

これが頭皮で起こると、発毛するための細胞の活動が低下してしまい、薄毛の原因になってしまいます。ポリフェノールの抗酸化作用で活性酸素の働きを抑え、髪を維持していきたいものです。

 

また、ポリフェノールの一種であるカテキンやタンニンには殺菌効果があります。痒みのために頭皮を掻いて傷付けてしまうと、髪が生えにくくなってしまいますので、この効果も大きいです。

 

※補足

活性酸素と並ぶ薄毛の代表的な原因として、ホルモンバランスの乱れがあげられます。男性ホルモンが優位になってしまうと、薄毛につながりますが、女性ホルモンに似た物質であるイソフラボンを摂取することで、ホルモンバランスを整えることが出来ます。

そういった意味では、ポリフェノールと合わせて、イソフラボンを摂取することが、女性にとってはさらに効果的な育毛対策となります。イソフラボンを含む食品など、イソフラボンと髪の関係性について、こちらのページで詳しくまとめていますので、併せて参考にしてください。

 

まとめ

ポリフェノールは、女性の薄毛対策に効果が期待出来る働きをしてくれます。色々な食材に含まれている成分なので、何かに偏りすぎるのではなく、積極的に野菜や果物などを食べるという意識で食事をとるようにしましょう。

 

ポリフェノールは身体に蓄積されにくく、3時間程度で抗酸化力が失われてしまうデリケートな成分と言われています。まとめて多量にとるのではなく、できれば2~3時間ごとに摂るというのが、理想的です。

 

お茶やコーヒー、赤ワインなどを飲んだり、チョコレートやナッツ類を間食にしたりするなど、楽しみながら工夫して摂取することをオススメします。