フルマラソン

 

私がフルマラソンに参加したのは、2014年11月。その時は、40キロ過ぎで足がもつれてしまい、最後は歩いてフィニッシュ。タイムは4時間16分でした。

 

日光マラソン

 

それから、約1年経過した、今年の東京マラソンでは、3時間30分切りを達成! 

東京マラソン

 

今年、43歳のオジサンとしては、なかなか悪くないと思います。ここまで順調にタイムを縮めることが出来て、サブスリーも見えてきたぞ!と思っていたら・・・

 

そこから、なかなか思うようにタイムが上がらなくなりました。・・・というより、トレーニングしていても、ペースを上げられなくなりました。3時間30分というのは、1キロ5分ペース。これぐらいであれば、ぜんぜん余裕なのですが、ここから、5秒・10秒、ペースを速くすると、異様に疲れます・・・

 

まだ、それだけのペースに耐えられるだけの体ではないのだなと鍛えようとしても、思うようにトレーニング出来ません。頑張って、4分45秒、40秒といったペースで走ると、次の日は体が重く、走ることすらキツくなります。

 

こんな調子では、何時になったらタイムを縮められるのか、途方にくれかけましたが、どうしても諦めたくないので、何とか対処法がないかと思い、色々と勉強してみました。

 

ちなみに、私は、この時点でサプリなどは積極的に飲んでいました。当時から今も続けているものはこんな感じです。

 

  • ビタミンC(推奨量の2倍を毎日摂取)
  • ビタミンB1(推奨量を毎日摂取)
  • 肝臓エキス(推奨量を毎日摂取)
  • クエン酸&BCAA(トレーニング後)

 

肝臓エキスは、酒好きで飲酒の量が多いので、肝臓をいたわることも兼ねて飲んでいます。また、BCAAについては、元々はアミノバイタルを飲んでいたのですが、クエン酸を一緒に摂取すると、効果が高くなるということを知って、アミノ酸とクエン酸、両方が配合されているグリコのパワープロダクションを飲むようにしています。

 

実は、これだけも、かなりの効果を実感しており、元々、風邪を引きやすい体質で、フルマラソンを走ると、まず確実に寝込むことになっていたのが、こんなふうにサプリを飲むことで、風邪とは全く無縁になりました。

 

それだけに、サブスリーを目指して、トレーニング負荷をかけた時に、疲労が抜けなくなったというのは、私にとってはショックで、練習量を減らすしかないのかなと思い悩んでいた時に、存在を知ったのが、イミダペプチドという栄養ドリンクでした。

1日1本の摂取で、疲労効果抜群!

たまたま、本屋で『すべての疲労は脳が原因』という本を見つけて読んでみたのですが、そのなかで、様々な疲労予防法・回復法が紹介されており、その一つとして、イミダペプチドという成分を摂取するのが、良いということが書いてありました。そこで興味を持って調べてみたら、この成分を含む栄養ドリンクが複数販売されていることを知りました。

 

そのなかで、最も良さそうと思って、買ってみたのが下記のサイトで販売されているドリンクです。
https://cp.imidapeptide.com/NPEQD1501

(イミダペプチドの効果についても、分かりやすく解説されているので、細かいことは、このサイトを参考にしてください。)

 

最初はアマゾンで、同じ栄養剤を見つけたのですが、10本で3000円ぐらいするので、試すには、ちょっと高いなと思っていたら、上記のサイトで、980円で購入出来るキャンペーンをやっていることを知って、これならばと買ってみました。

 

ちなみに、上記のサイトで、10本購入すると、定期購入の案内が届いて、初月は30本が3500円ぐらいで購入出来ます。(正確は幾らだったか忘れてしまったので、微妙に違っているかもしれないです。)

 

これだと、1日100円で済みます。定期購入といっても、翌月からはキャンセル出来るので、10本飲んで、もう少し試してみたいという時には、定期購入に申し込んだほうがお得です。(これも忘れてしまったのですが、さらに10本ぐらいプレゼントしてもらえた気がします。)

 

そんなこんなで、飲み始めたのが今年5月の中旬。それから2ヶ月近くになりますが、今でも飲み続けています。効果を実感出来たからです。

 

負荷の高い練習をしても疲れなくなりました

『もしかしたら、本当に効果があるかな?』と思い始めたのが、1週間ぐらい経過した時なのですが、負荷の高い練習をしても、それほど疲労を感じなくなりました。

 

たとえば、ここ最近では、1キロ4分+休憩2分x7本のインターバル走を行っているのですが、以前は疲れきって、午前中に走ると、その日1日は使い物にならないくらい、頭がボーッとしていました(;^_^

 

ところが、イミダペプチドを飲むようになってから、普通に過ごせるようになりました。また、筋肉に対するダメージも軽減されているらしく、足のハリ具合がぜんぜん違っています。私は以前から、毎日30分ぐらい自分でマッサージをしているのですが、足の凝りが減っていて、疲労回復というよりは、そもそも疲れなくなったなという感じです。

 

2ヶ月ほど経過した今では、休憩90秒でも同じペースを維持出来るようになりましたし、インターバル走に加えて、週1回の20キロ走、もしくは15キロのビルドアップ走にも取り組めるようにもなりました。

 

これぐらいの負荷はかけたいなと思っていたので、大満足です。おかげさまで、気温が上がり始めて、走りにくいこの時期でも、自己ベストを少しずつ更新中です。キロあたり2秒、3秒といったほんの僅かですが、夏にこれであれば、今年の秋・冬シーズンはどうなるか、本当に楽しみです。

 


下記のデータは、私のトレーニング履歴ですが、少しずつタイムが向上していること、全体的にペースが速くなっているのが分かります。

(画面をクリックすると、大きく表示されます。)

 

普段の生活においても、生産性が高まっています

元々は、ランニング目的でイミダペプチドを飲んだのですが、体が疲れなくなったということで、仕事のパフォーマンスも上がっています。以前であれば、集中して働くと夕方あたりには、頭が疲れて一気にパフォーマンスが落ちていたのが、今だと、最後まで集中力が続くようになっています。

 

次の日まで疲れが残るということもなくなり、毎日が快調です。『すべての疲労は脳が原因』を読んで、休憩の重要性を認識して、こまめに休むようにしたり、体に良いものを食べるようにしたりなど、色々と生活習慣を変えているので、多分、そういったことも良い結果につながっていると思います。

 

疲れなくなったことが、全てイミダペプチドのおかげとは考えておらず、仮にイミダペプチドを飲んだとしても、毎日夜更かしをしてといった乱れた生活をしていれば、本当に効果があるのかどうかは疑問です。(でも、もしかしたら、効果があるかもとは思ってしまいます。)

 

そのあたりは、割り引くとしても、やっぱりイミダペプチドは効果があると実感しています。恐らく、ランナーのような、日頃から高い負荷をかけている人のほうが、よりハッキリと分かりやすいので、興味がある人は、試してみることをオススメします。

 

1日100円程度で試せるので、個人的にはやらない話はないと思っています。イミダペプチドよりも高価なサプリは幾らでもありますが、そういったものよりも遙かにいいです。

 

なお、上記のサイトで、定期購入をすると、2ヶ月目以降も安く買えるため、1日200円程度で住みます。飲み続ける場合には、定期購入にしておいたほうがいいです。

イミダペプチド

→ここをクリック


どんなに良いものでも個人差は絶対にあるので、なかにはあまり効果が出ないという人もいると思います。これは個人的な意見になってしまいますが、2~3週間飲み続けても、効果を実感出来ないのであれば、自分には合っていないと判断していいのではと思います。

 

上記のサイトであれば、6週間分ほどは格安で購入出来るので、これで効く・効かないを判断してしまっていいと思います。この期間でダメだったら、止めておいたほうがいいです。

ページの先頭へ